SHABO.NET

愛と勇気のしゃぼねっと

Home » 家電道場 » VHSをDVDに焼くには

VHSをDVDに焼くには

calendar

reload

VHSをDVDに焼くには

実家を整理していたら、なんと 小学校2年生の誕生日に、
当時住んでいた長野市上駒沢の家で開催した誕生会を撮影した
8mmフィルム(笑)が出てきました!

当時、父は新聞の編集者であったので、
カメラなどの機材について すごく充実していました。
今さら・・・ですが、8mmフィルムを上映する気はおきませんね。

地デジ化するついこの前までは・・・といってもだいぶ経ちますが、
まだVHSのビデオテープで録画している人はたくさんいました。
僕も、10代の頃は VHSやVHS-C、
20代でHi8を買って撮りまくりました。
20代後半からMiniDVテープが出回りだして、やがて・・・
DVDからHDD~そして、SDカードなどのメモリ録画へと変わりました。

今はパソコンの性能も良くなり、パソコン本体もメモリも安くなり、
しかもそのままYOUTUBEなどのWEBサービスへアップできてしまいますが・・・

忘れてませんか?ビデオテープ。。。

ビデオテープなどの磁気テープは 湿気やカビなどで見れなくなってしまいます。
それよりなにより 再生する術がなくなります。

「このビデオ、観たいんだけど 8mmのビデオデッキ無いの?」
といった相談を電気屋時代は よくこの相談を受けました。

そこで 今おススメするのは
Victor(ビクター)のダビングサービス!

なによりビクターはVHSのビデオデッキ第一号を開発した会社です。
ダビングに使用する機材も信頼性の高い一流品です。
メディアに関しても高い信頼性のもと、切れたりカビが生えていても
可能な限りの修復をしてくれます(有料)。
1本のダビングで1130円から、本数で単価は安くなります。
100本出すと、77,000円=1本あたり770円まで下がりますよ♪
5本以上で送料の540円はサービスとなります。

ただ、テレビ放送を録画したものなど、
版権・著作権のある映像は ダビングしてもらえません。

ビデオテープが古くなると、再生不可能になってしまいます。
子どもの頃の思い出 結婚式のVTRなど、
今のうちに 焼いといたほうがいいですよ!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

folder デザイン

raksulMAGAZINE
more...

folder 健康的なこと

飛蚊症と戦おう!
more...

folder 大好きスポット

ナイルカレー
more...

folder 家電道場

VHSをDVDに焼くには
more...