20年前の 星空が背景のダサい仕様を再現しました(笑)

いい言葉は人生を変えます

「きれいだよ」
 
と声をかけられながら育った植物は
美しい花をつけるといいます。
 
また、「ありがとう」という言葉をかけると、
水が美しい結晶を作るといいます。
 
人は「ほめられて伸びるタイプ」と
「しかられて伸びるタイプ」に
分かれるともいいますが、
誰でも、基本的には、
ほめられるほど魅力的に成長していくものだと思います。
 
私自身もまた、そうでした。
でも、皆さんの中には、子どもの頃から
「おまえはダメだ!」
「こんなこともできないの?」と、
ご両親や学校の先生に怒られてばかりでほめられた記憶がない、
というかたもいらっしゃるかもしれません。
 
長く言われてきたことは、それがネガティブな言葉であれ、
ポジティブな言葉であれ、私たちの心の奥に潜む
無意識の領域「潜在意識」に深く刻まれるものです。
 
そのため現在、どうしても
「自分に自信が持てない」「私にはなんの取りえもない」と、
悲観的になっているかたもいらっしゃるでしょう。
 
でも、だいじょうぶ。
 
今からでも遅くはありません。
よりポジティブに変身するために、
「自分をほめてくれる人」とつきあうようにすればいいのです。
 
あなたをけなす人、あなたに否定的な人と
無理につきあう必要はありません。
 
大人になった私たちは、自分の生きる環境、
いっしょに過ごす人を自ら選択することができます。
 
愛情を持って育てた花がいきいきと咲くように、
自分をほめてくれる人たちとつきあうことで、
 
私たちが例外なく持っている才能という種を
芽吹かせることができるのです。
 
幼い頃の私は、温かい家庭にも、
経済的な豊かさにも恵まれていませんでした。
 
けれども私が今ここまで来れたのは
大人になってから、意識的に行ってきたことの
おかげだと感じています。
 
それは、いつでも自分を心地よくさせてくれる人、
自分の魅力を評価してくれる人といっしょに行動してきたことです。
 
「すなおだね」
「いつも明るく元気だね」
「一生懸命お仕事しているね」
 
など、どんな小さなことでもいいのです。
日常的にポジティブな言葉をかけられていると、
潜在意識が刺激され、自信が持てるようになり、
気がつくと、より魅力的な自分へと変わっているのです。
 
これは恋愛においても同じこと。
「きれいだね」
「かわいいね」
と言ってくれる恋人といると、
ほんとうにそのとおりになっていくものです。
 
常に自分をほめてくれる人といること。
それは、決して自分を甘やかすことではありません。
自分の可能性を最大限に引き出すための、
積極的な選択なのです。
 
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる